大根おろしの冷凍保存

大根おろしの冷凍保存大根おろしをフリージングする時は、ジッパー式バックに薄い板状にして入れて冷凍します。

または、製氷機に入れてキューブ状に冷凍したものを、冷凍後、ジッパー式バックに移し替えてフリージングしておけば、少量ずつ使えるので便利です。

サラダなどの和え物に使ったり、おろしドレッシングを作ったり、焼き魚の横にそのまま添えたり、と使い道が多いので重宝します。


ひらめき マミィの知っ得♪MEMO

大根おろしのフリージング(冷凍保存)大根には、デンプンを分解して消化を助ける消化酵素の、ジアスターゼが多く含まれることが有名ですね。

このジアスターゼは、熱に弱く、加熱してしまうと、その作用が失われてしまうので、大根おろしのような生での食べ方は効果的とされているのですが、酵素は酸化しやすいため、空気に触れることでも、ジアスターゼの作用は減ってしまいます。

大根おろしのフリージングは、便利ですが、ジアスターゼの効果を最も得るには不向きですので、風味付けや、味に変化をつけるためと、ある程度、割り切って考えた方がよいかもしれません。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。