ヨーグルトの冷凍保存

ヨーグルトは、原料である牛乳などの栄養に加え、さらに乳酸菌の働きにより、腸内の悪玉菌を抑えて有害な物質が作られるのを防いだり、腸の調子を整えてくれる効果があります。

毎日の朝食などに摂り入れたいヨーグルトですが、少量ずつ食べようと思うと余ってしまうこともあります。

そんな時は、食べやすい量ずつプラスチック容器などに移し、そのままフリージングしておきましょう。

食べる時は半解凍でフローズンヨーグルトとして美味しくいただけます。

また、缶詰のフルーツなどを一緒に混ぜて製氷機などに入れてフリージングすれば、立派なデザートになります。
缶詰のフルーツと一緒にフリージングしたヨーグルトを、ミキサーなどにかけると、フローズンドリンクも楽しめますよ。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。